沖縄北部の海の近くのコンドミニアム、民泊物件を探している方が増えています。

こんにちは

名護で不動産業、宿泊業、コインランドリー業を運営している株式会社ハートボイルドです。

2021年の夏も残暑になってきましたが、まだまだコロナ禍にあるのが現状です。

しかし、コロナ後を見据えて海の近くで民泊物件を探されている方が増えているなーっていうのが、実感としてもあり、近くの不動産屋さんも言っています。

コロナにより観光経済はダメージをくらい、撤退する民泊も増えましたが、海外のワクチン後の旅行バブルもチラホラ聞こえてきますし、給付金をもらった飲食関係者も民泊に参入しようとしている方もいると聞いております。

弊社で運営している海の近くのコンドミニアムですが、コロナの影響によりインバウンド、県外のお客様は減りましたが、県内の家族連れの方が増えてきており、最悪の状況は免れている現状です。

ただ、どのコンドミニアム、民泊にもお客様が来ているかといえば、そうではありません。

せっかくの家族の貴重な時間ですので、しっかりと選ばれて予約されてきています。

弊社のお客様の感想などから、

・海が近い

・BBQが出来る

・花火が出来る

・お店が近い

・戸建てで他のお客様と接触しない

・おしゃれ

など、立地や設備がしっかりしている事が大切だと思っております。

また、このような状況になったとしても利益を出していくには、しっかりと立地を考えていかなければなりません。

特に海の近くは大切です。

設備はその都度アップデートできますが、立地だけは変えることができません。

弊社の不動産部門は、コンドミニアム、民泊を運営してきたノウハウから、その立地が相応しいかを考える事ができます。

沖縄県内の名護市や本部町、今帰仁村の北部エリアで民泊、コンドミニアム物件や土地をお探しの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. 集客に困っている宿にヒヤリングしてきました

  2. 不動産開業準備〜宅建勉強編①〜

  3. 不動産開業準備〜宅建勉強編③〜

  4. 中小企業等事業再構築促進事業の6000万円補助でコインランド…

  5. カヌチャのワーケーション施設にて丸一日会議

  6. 2021年不動産部門開業予定

PAGE TOP